新着情報 一覧

ホーム » ブログ 記事一覧 » 雪やこんこ⛄

 ブログ

雪やこんこ⛄

新年になり、あっという間に一か月が経ちました。

これから雪まつりが開催されたり、学校ではスキー学習があったりと、北海道はまだまだ冬本番ですねsnow

冬休み明けて、少しずつ学校生活の感覚も戻りつつある子どもたちですが、これから受験があったり、進級・卒業など年度末に向けて目まぐるしい時期に差し掛かると思います。

その変化に揺れる気持ちにも寄り添いながら、学びや楽しさのある活動を進めていきます!

 

 

☆交流(体育館で遊ぼう)

長期休み中の恒例イベントとなった「体育館で遊ぼう!」では、毎回ハッピークローバーだけではなくドリーム中央(http://www.dream-c.fkoh.jp/)、ドリーム前田(http://dream-m.fkoh.jp/)、学童保育中央アカデミー(http://kids-c.fkoh.jp/)といった関連事業所との交流を行っています。

体育館でのイベントは今回で4回目となり、少しずつ「前にも会ったね!」と顔なじみが増えてきている様子も伺えましたhappy01

 

今回はグループ分けをそれぞれの事業所ごとではなく混合で行い、より様々なお友達と関わることの出来るゲームを行っていきましたのでご紹介いたします!

 

①玉入れ

ルールは簡単!かごにより多くの玉を入れた方が勝ちですrock

運動会などで、子ども達にとっても馴染み深い競技ですね。

年上の子が、年少の子をサポートしたり、ぶつからないよう後方から投げる優しい姿も見られましたよ!

 

②リレー

やり方は、スタートから壁まで走り、その壁にタッチした後折り返して次の人へバトンタッチ!というものです。

まずは、グループごとにリレーを走る順番を話し合いながら決めていますconfident

準備が整ったらいざスタート!

DSCPDC_0001_BURST20190115150614472_COVER.JPG

DSCPDC_0001_BURST20190115150635802.JPG

広い体育館ならではのダイナミックな走りで、走っている子の気持ちはもちろん、次に控える走者や、自分の順番が終わった子たちの応援も熱が入ります!

「がんばれー!!」「早い!すごーい!!」「いけーー!!」大きな応援の声や拍手で包まれた、よい試合となりました。

 

③風船運び

こちらのゲームは二人一組で行います。

風船がたくさん入った大きな袋を二人で持って、②のリレー同様のルールで走ります。

早くゴールできることはもちろんですが、それ以上にこのゲームでは「二人で一緒に持つこと」に重点を置いて進めていきました!

DSC_1111.JPG

「早くゴールしたい」という思いで相手を置いてきぼりにしてしまったり、どんどん引っ張っていってしまう子もいましたが、「二人で一緒に持ってゴールすることが大切」ということを繰り返し伝えていくと、どの子も相手に走るスピードを合わせたり、一緒にテンポを整えやすいよう声を掛け合ったりしていました。また年齢の幅が広いので、身長差のあるペアもありましたがそこは年長者がしっかり高さを合わせて走っていたのも素敵でしたshine

 

ゲームが終わった後は、それぞれ鬼ごっこやバスケットボール、サッカーなど思い思いの遊び方で楽しんでいます。

DSC_1112.JPG

このような交流の機会を通して様々な学校、幅広い年代の相手と関わることでいつもとは違った刺激を受けたり、程よい緊張感や配慮を持ってコミュニケーションが出来ることに繋がっていけばと思いますflair

 

 

 

☆クッキング

今回のクッキングはいつもと趣向を変えて、その名も「サイエンス・クッキング」に取り組みました!

サイエンステーマは〖重曹〗ですgood

 

重曹を使ったものとして、この度は「カルメ焼き」「炭酸水」「ラムネ」を作っていきました。

 

<カルメ焼き>

参考にしたレシピはこちら→https://cookpad.com/recipe/1804635

まずはカルメ焼きとはどんなのものなのか、動画を見てチェック!

DSCN5906.JPG

「カルメ焼きってなに?」と思っていた子も、実際に見てみるとイメージが沸いたようです。

うまく加熱出来ればぷくぷくと膨らんで、さくさくとしたおやつになる…期待も膨らんで、いざチャレンジ!

 

分量をチェックしながら、熱を加えていきます…

最初は透明だった液体が、だんだんと茶色になり、ふんわりとお祭りの時のような匂いが漂ってきました♪

カルメ焼きは「熱の温度」と「混ぜる」という工程がとても重要になってきます。

まぜ方が足りなかったり、温度が低すぎても高すぎてもうまく膨らまず…全体では3回挑戦して1回だけすこーし膨らみました!!

みるみる固まっていく様子を見て、カルメ焼きも実際に試食…

「わたあめみたいな味がする!」「ちょっと苦みもある…??」色々な感想が出ました。

子ども達の中には、「ちゃんと膨らませたい!」とみんなが終わった後でもう一度挑戦し、自由研究のテーマとして研究してくれた子もいましたよflair

 

<ラムネ>

参考にしたレシピはこちら→https://cookpad.com/recipe/1282493

重曹(アルカリ性)とクエン酸(酸性)と水を混ぜると中和し、泡(二酸化炭素)が出ます。

これは炭酸水などのしゅわしゅわ部分と同じ原理なので、これを応用したものがこのラムネです!

 

「ラムネって作れるの?」とびっくりした様子の子ども達…レシピを確認しながら材料を混ぜ合わせていきます。

DSCN5888.JPG

ラムネのもとが完成したら、次は型にしっかりと詰めてたり、手でぎゅっぎゅっと力を込めて形を作り成型していきます!

DSCN5890.JPG

ラムネのもとは力を入れて固めないと、乾燥するまでの間は非常に脆く、すぐに壊れてしまいます…

 

お味は…というと、「おいしい!」と言う子から「買って食べるラムネの方がいいな~」「ラムネやさんってすごいんだね」など、みんながおいしく感じるにはどんな材料が加わると良いのか、その点もまだまだ研究余地がありそうです!

 

<炭酸水>

参考にしたレシピはこちら→https://cookpad.com/recipe/309625

こちらはラムネで前述した通りの化学反応を生かして、そのまま炭酸水に仕上げました!

DSCN5913.JPG子ども達は、あまり炭酸水だけを味わうということはないのか「あまり味のしない、少ししゅわっとするお水…」のような感覚だったようで、味的には「うーん…」といった感想が多数でしたcoldsweats01

 

こちらもおいしく飲むためには、色々なアイディアが必要になりそうです!!

 

 

☆避難訓練(地震)

今回の避難訓練では「地震」をテーマに、実際に避難するだけではなく、子ども達自身にどうすればいいのか考えてもらうことに重点を置いて進めていきました!

まずはじめに、地震の絵本をプリントアウトしたものを使って「通学路」「公園」「お店」「海辺」「家」様々な場所で、どのようなものが危ないのか、危ないとすると周囲にある何で身を守ることが出来るか、お互いに意見を交わしながら考えていきました。

DSCN5984.JPG

自分だけではなく、周囲の人の意見から新たな気付きが生まれたり、色々な考えに触れる機会にもなりました。

 

また、昨年起きた北海道の地震で起きた大規模な停電を踏まえて、懐中電灯を使ったランタン作りにも挑戦しています!

一般的な懐中電灯は一点を照らすことはできますが、なかなか広い空間を明るくすることは難しいです。

しかしビニール袋やペットボトルを使うだけで、広範囲を明るく照らすことだ出来るようになります!

DSCN5988.JPG

部屋を実際に暗くして、どうしたら灯りが広がるか実験!

DSCN5989.JPG

「色をつけてみたら綺麗じゃない?」というアイディアも上がり、実際に試してみると…

イルミネーションのような素敵な灯りにもなりました!

 

普段当たり前にしている生活が、地震という一つの出来事であっという間に出来なくなってしまうことはとても怖いことですね。

ハッピークローバーという集団として、より安全に、迅速に避難を行うのかを検討・実践することを続けながら、時折、今回のように被災したときの豆知識や知っていると助けになる知識なども学びながら、今後も避難訓練を進めていきます!

 

 

 

最後に、皆で作って飾ったアイスキャンドルをご覧ください!

暗くなると、ハッピーの庭をほのかに明るくしてくれる優しい灯りになりました♡

DSCN5963.JPG

 

最近またインフルエンザが流行し、欠席される子も増えている状況です。

各ご家庭でも手洗い・うがい等の予防を励行して頂き、しっかりと休養してお過ごしください!

 

協力施設